クンダリーニヨガとがん

アメリカでクンダリーニヨガをがん患者に教えた話です。

◎がん患者の方にがんと宣告された時の経験を聞くと、
ショックを受けた。死への恐怖を覚えた。不安になった。パニックになったなどのとのことです。

◎がん治療を経験した後の話を聞くと、
痛みや疲労感を覚える。無力さを感じ、最悪の気分となる。発汗や腫れもあり、不安を感じる。

◎クンダリーニヨガを実践した成果は、
クンダリーニヨガは医療的な治療に代わるものではありません。回復をサポートするための古の知恵とヨガを用いた教育的プログラムです。

しかし、実際に、クンダリーニヨガを行った方からの話をまとめると、

睡眠の改善が図られ、思考が明晰となった。バイタリティーが高められ、心配やストレスが縮減された。心が穏やかになり、ありのままの自分自身を受け入れ、前向きに進めるようになったなどの話がありました。治療中や治療後のがん患者の回復のためのリハビリ療法、支援の一つのとしてのクンダリーニガの効果。また、これらの効果は定期的に練習を行った患者に見られた。