火の呼吸をしよう

火の呼吸 Breath of Fire
 
この火の呼吸、クンダリーニヨガの中で最もエッセンスなテクニックで、様々なポーズの中で行われ、その効果も絶大です。
 
火の呼吸は基本的に鼻で行い、1秒間に2~3回のスピードで、リズミカルに、継続的に行います。吸う息、吐く息は等量です。胸はリラックスし、吸うとき、お腹が膨らみ、吐くとき、お腹がへこみます。
 
クンダリーニヨガクラスに来て、よく習ってくださいね。
 
 
火の呼吸をすると、
 
肺活量を増やします。  たくさん呼吸することで、ガス交換がすみずみ行われ、肺や血管、その他の細胞から毒素を排出します。
交換神経と副交感神経のバランスを保ちます。 健康な人は自立神経である交換神経と副交感神経のバランスが良いということです。活動している時に交換神経が優位となり、リラックスしているときに副交感神経が優位になります。このバランスを保ちます。
身体的耐久力が高まり、活発に動けるようになります。格闘家がこの火の呼吸を取り入れたりするのも理解できます。
免疫力が高まり、病気の予防になります。
などなど、
火の呼吸やってみたくなりました?

2017年02月10日