ヨガの呼吸法(深く長い呼吸)

ヨガの呼吸法(深く長い呼吸)
 
★疲れている時は: 
右鼻で呼吸してみてください。 左の親指で左鼻を押さえて、右鼻で深~く、長~く呼吸してみてください。呼吸に意識を集中して、5分でも、11分でも呼吸してみてください。
 
★気が動転したり、感情的や怒ってたり、おどおどして、不安な時は:
左鼻で呼吸してみてください。 右の親指で右鼻を押さえて、左鼻で深~く、長~く呼吸してみてください。呼吸に意識を集中して、5分でも、11分でも呼吸してみてください。
 
 
もともと、ヨガでは次のように捉えています。
 
左鼻での呼吸は 感情をコントロールし、心を和らげる効果があります。涼しくしてくれます。
右鼻での呼吸は エネルギーをコントロールします。太陽のエネルギーでバイタリティを与えてくれます。
 
 
そして、左右の鼻呼吸が2時間半ごとに自動調整で切り替えられています。体温やエネルギーバランスを保つために、脳下垂体がそのサーモスタットの役割を担っています。
 
 
Sat Nam,

2017年01月22日