ヨガを行う時のアドバイス

ヨガを行う時の一般的なアドバイスです。
 
胃はからっぽにして練習します。でも、あまりに腹ペコだと、心が惑わされてしまいます。
ポーズは正確に行ってください。背筋はまっすぐに、胸を上げ、あごを引きます。上半身がゆったりと動けるようにします。そうすることで、呼吸の筋肉が良く働きます。
与えらえた指示にはしっかりと従ってください。まぁいいかって、適当に間に合わせないください。クリヤなどの時間を短くすることはできますが、指定の時間を超えることはできません。
出来る限り、リラックスしてください。不必要な緊張がないかチェックしてみましょう。腹筋や顔の筋肉、喉、舌など。唇もリラックスです。足首やひざ、お尻、肋骨、肩、ひじ、手首の関節なども含め、エネルギーが自由に流れるようにしてください。指示があるポーズ以外は舌で上口蓋や歯を押したりしません。
音、呼吸の流れに意識を持ってください。リズムはあります。
あなたの心地よい限界を超えないようにしましょう。ポーズなど頑張りすぎて、無理に緊張させたり、痛めたりしないようにしましょう。自分にあったレベルからスタートして、徐々にフルタイム、強度まで持っていきましょう。

2017年05月28日