心地よい眠り  ーヨガのライフスタイルー

 

睡眠は心も身体も休息して、元気回復して、復活させるために重要です。
眠りはセルフヒーリングでもあり、リフレッシュでもあり、
さあ、今日もがんばるぞーと朝を迎えるためのものです。

しかし、心配や不満、失敗、体調により深い眠りを得られないこともあります。
クンダリーニヨガは、基本的に、健康な眠りの質を改善に役立ちますが、
快適な眠りに焦点を当てたヨガ&瞑想もあります。

 

  • 意識的な深い眠りを経験するクンダリーニヨガ
  • 眠りを克服するクンダリーニヨガ
  • 自身の中に無限を捕まえる瞑想
  • 睡眠が深くなり、深いリラクゼーションを得る瞑想 など

 

  • 良く眠るための秘訣
    • 日中、ヨガの練習など体をしっかり使うことです。汗をかくことは重要です。
    • 睡眠前の散歩はGoodです。
    • 22時から02時までの睡眠が重要です。22時までに寝る習慣を身に付けましょう。
    • 基本的に小食、腹八分目を基本とすることです。寝る前2時間30分前には重い食事を取らないことです。
    • 寝る向き 北枕は縁起が悪いなどと言われますが、ヨガの科学では、東西に向きで寝ることが重要です。それは、地球の磁場により個人のエネルギーが削がれないようするためです。頭はどちらでも良いです。
    • 歯だけでなく、舌もよく磨いて寝ましょう。
    • 喉が渇いた状態で寝ないことです。寝る前にコップに1~2杯飲みましょう。夜中にトイレに起きることになったとしても、水は必要です。渇きは水を要求し、その要求が心を乱し、休息を妨げます。悪い夢の原因ともなります。
    • 冷たい水で足を洗い、タオルで拭きます。神経が刺激され、リラクゼーションが得られます。